後付けサンルーム・テラス囲いは、固定資産税の算定対象です。

また、建ぺい率や容積率を超過しての設置は建築基準法違反となります。

ところが、「その工事は法律にのっとった施工であるかどうか」について、ハッピーコーポレーションでは確認を行っておりません。

ではお客様が確認してくださったうえでハッピーコーポレーションにサンルーム・テラス囲いの設置依頼をしてくださっているのか?

そういうお客様もいらっしゃいますが、どちらかと言うと、建築確認申請を出さずにサンルーム・テラス囲いの設置計画を進めていらっしゃるお客様がかなり多いものと考えられます。

実際、拙宅の近所でも、サンルーム・テラス囲いを取り付けることで建ぺい率や容積率がオーバーしているように見受けられるお宅が散見できます。

ギリギリの敷地にサンルーム・テラス囲いのお取り付けを検討するにあたって不安なのは、サンルーム・テラス囲いの完成後に、取り壊し命令のような行政指導が入ってしまうことはないのか?という点ですね。

今のところ、ハッピーコーポレーションが施工したサンルーム・テラス囲いについて上記のようなトラブルが発生したことはありません。理由のひとつとして、ハッピーコーポレーションでサンルーム・テラス囲いをお取り付けする現場はすでに建築確認のような段階を過ぎて、お客様が何年もお住まいである状況であることが挙げられます。

新築時の次に建築確認が入るとしたら、建物の売買契約時でしょうか。それ以外の時に、役所の担当者が地域をまわって一軒一軒チェックする…という厳しい対応は現実にはあまり行われていないようです。

ただし、建築基準法にもとる建築物に住むという点についてよくお考えいただくことは必要です。避難経路、延焼の危険、隣接住宅への配慮などは、ご自身の快適な生活のためにもぜひ留意していただいて、サンルーム・テラス囲いの設置計画をお立てください。

建築基準法順守に対する緩急は地域によって様々です。地域の建築事情などについては、不動産屋さんが詳しいですよ。お知り合いにいらっしゃったらお尋ねになってみてはいかがですか?

なにはともあれ、まずはサンルーム・テラス囲いの見積もりをとってみましょう! ご予算に見合えば、ぼんやりしていたあこがれが具体化に向けて動き始めますよ!

(スタッフS)