サンルーム<テラスドア><引戸>

いいですよね~折戸(おれど)。サンルーム、ガーデンルームでよくある<テラスドア><引戸>だとどうしても間口・出幅の半分しか開放できないけれど、折戸ならバーンと全開放できる!

サンルーム、ガーデンルームを立てるところって、もともとお庭だったんですもの。「雨に濡れないスペースがもう少し欲しいなと思って囲ってしまったけれど、お庭だった頃がなつかしいわね…」なんて思うときもあるかもしれません。

折戸で全開放すれば、まさに<半室内><半屋外>といった風情。スリッパで出られるお庭、といったところ。春と秋などとくに気持ち良さそうですね。

リクシルだとガーデンルーム『ジーマ』が、折戸が特徴の定番商品。「これいいなと思って♪」とお電話くださるお客様、たくさんいらっしゃいます。

リクシルガーデンルーム『ジーマ』

でも、リクシルガーデンルーム『ジーマ』はちょっと高かった!大きさによっては工事費込みで200万に届いてしまいますから、かなり経済的な余裕のあるご家庭でないかぎり、なかなか決断しづらいサンルーム、ガーデンルーム商品でした。

「でも…折戸が気になるなあ~ 普通の引戸のサンルームにするのつまんないな~」

とモヤモヤしていたお客様、朗報です!

リクシルから、新商品 が出ました!その名も

ガーデンルームGF

おお、GFってなんだろう? これは、生産終了したリクシルガーデンルーム『フィリア』から名付けられたんだそうです。

フィリアと言えば、ジーマよりずっとお安いのにも関わらず折戸仕様のあった隠れた優れものガーデンルーム。でもなぜか人気がありませんでした。折戸パネルがガラスではなく透明のアクリル樹脂であったことが敬遠された理由だったのでしょうか?

リクシルは折戸パネルを アクリル樹脂からガラスに 変更!

アクリル樹脂はガラスよりも傷がつきやすいので、サンルーム・ガーデンルームのパネルとしては小石の飛び跳ねや、遊具・自転車がぶつかるなどのリスクにより徐々に透明度が失われていくところが欠点でした。

実は値段もアクリル樹脂よりガラスのほうが安いので、お客様にとっていいことづくめ。

※ちなみにアクリル樹脂の良いところは、割れないことと軽いこと。

フィリアはガーデンルームGFにパワーアップしました!

ガーデンルームGFで、家族みーんな楽しい!

ところが…ガーデンルームGFがおススメの理由、折戸だけじゃないんです。と言うか折戸が「売り」なわけではないのです。ガーデンルームGFには、「売り」がい~っぱいあるんです!

ガーデンルームGFのもてポイント、ハッピーコーポレーションからどんどんご紹介していきますので、楽しみにしていてください!!

ガーデンルームGFと<DIY>?